ふと、明日が面倒臭くなってコンビニへ向かったら、ちょっと変な女の子と仲良くなった



「ねえ、明日も早いんでしょう。早く寝なよ」

「気分じゃない」


 妹が、スマホをいじりながら俺を諭してくる。早く寝ろと言いつつも、部屋に入ってきてスマホ弄りとは、一体どういうつもりだろうか。お前も早く寝ろ。明日学校だろうが。


「お前も明日学校だろ」

 言葉に出してみた。


「残念でした。明日は休みー」

「……高校生って試験が終われば休みがあって羨ましいな」

「大学生だった頃はもっと休みがあったでしょ? ってか、社会人ならそれくらい自制して、さっさと寝なよ」


 妹の言い分はごもっともである。


 だが、どんなに頑張っていても、明日が面倒臭くなってしまう夜というのは存在する。


 しかし、明日が面倒臭くなっても、時間が経てば、無慈悲に明日はやってくる。誰かが作った社会の中に溶け込むには、明日の朝、いい感じの時間に起きて、活動しなければならない。そしてその為には、あまり夜更かしもしていられない。


「コンビニ行ってくる」

「太るよ?」

「コーヒーにするって」

「深夜ってコーヒーやってたっけ」

「缶コーヒーくらい売ってるだろ。ってか、休みだって早く寝ろよ」

「ガキ扱いすんなし!」


 大学生時代に背伸びして買った上着を手に持って、俺は部屋を出た。この部屋は二階。一階では、両親が眠っている。なるべく音を立てないようにゆっくりと階段を降りた。


「オイ!」

「はいっ!」

 ミッションは失敗。父親に気づかれてしまい、呼び止められた。


「こんな夜中にどこへいくんだ」

「コンビニだよ」

「お前も、もう社会人だろう。いつまでも学生気分でそんなことをしていて、許されると思うなよ」


 父親が廊下に仁王立ち。良く言うなと、俺は思った。高校生までは、子どもに選択肢は無いみたいな態度を取られていたし、大学生の頃は、学生らしく学べとうるさかった。社会人になってもこのご様子とは、なんだか話が違うぞと思っている。俺もそろそろ一人暮らしを考えるべきだろうか。


「ちょっと行ってくるだけだろ」

 父親を無視して、俺は靴を履き、鍵を持って出かけた。


 寒い夜だった。耳と、指先がピリリと痛む。ぼんやりと、冬だなあと思った。


 上着のポケットからイヤフォンを取り出して、耳につける。適当に流れてくる音楽の音量をあげて、近くのコンビニに向かって歩き出した。


「めっちゃ気分いい」

 何もかもから解放された気持ちで満たされた。


 住宅街の狭い道には、誰もいない。明かりは点々としていて、危険はそんなに感じない。不思議と、この世界が自分だけの居心地のいい空間だと感じたのだ。


 なんとなく耳から流れてくる音楽のリズムに合わせて、足を振り、コンビニへ向かう。


 吐く白い息だけが、世界で動いて見えていた。止まった世界を、自分のペースで歩く。これはもしかしたら世紀の大発見をしてしまったかもしれない。


 家からコンビニはさほど離れておらず、深夜でも外に明かりを漏らしながら営業しているコンビニが、すぐに見えてくる。


 コンビニの周りには、普段は学生が溜まっているのだが、それすらも居ない。スポットライトを浴びたみたいに光るコンビニに、吸い寄せられるように入っていった。


「しゃーせー……」

 やる気のない声が聞こえてくる。金髪の、女の子が、おにぎりコーナーで気だるげにゴミ袋を持って作業していた。


 女の子なのに大変だな。決して男女差別の意識がある訳ではないが、なんとなくそう思ってしまったことに恥ずかしく感じ、俺はレジへと向かう。


 そうすると、作業をしていた女の子がレジに入ってきた。


「コーヒー」

 可愛い。まるで子役か何かみたいだと思った俺は、恥ずかしくなってつい無愛想な注文の仕方をしてしまう。


「あー、夜はコーヒーやってないっすよ」

 女の子は、そう言ってレジ後ろに置いてあるコーヒーメーカーを指した。なるほど、何か管が出ていて、大きな音と煙を出しながら、コーヒーメーカーはメンテナンス中という訳だ。


 大げさな動作をする女の子だなと思ったが、俺がイヤフォンをつけているせいだと気づいて、イヤフォンを探した。


 その様子を見て、女の子がちょっとだけ笑う。


「ごめん……なさい。深夜にコーヒーって、そんな、そうですよね。缶コーヒーにしますんで」

「別に良いのに」

 俺は急いでレジの近くに置いてあったホットドリンクコーナーからブラックコーヒーを持ってきた。待たせたら悪いと思ったのだ。


「そんな急がんでも良いのに。気を遣わないでよ」

「そういう訳には」

「こんな時間にただの缶コーヒーの買い物。お兄さんこの辺に住んでるんでしょ」

「はあ」

「だったら、多分また会うことになるっしょ。そういうの、面倒臭いから夜勤やってんだ」


 女の子はそう言った。


「128円です」

「あ、じゃあこれで……」

 俺はスマートフォンを差し出して、電子決済を済ませた。


「ありゃっしたー」

 女の子は、コンビニでよく聞く適当なありがとうございましたを言う。コーヒーを受け取って、お店を去ろうとした。


「ねえ、お兄さんってこの辺に住んでるんだよね」

「そうですけど」

「あんまり見たことないなーって。もしかして、夜出歩くのが珍しい真面目さんだ」


 その通りである。夜に出歩くなんてことは、普段しない。しかし、それを真面目と言われるのには疑問が残った。そして、つい、振り向いて話し込んでしまう。


「別に真面目じゃないですよ」

「そうは見えない。少なくともテキトーに生きてる私よりは、よっぽど真面目さんに見えるね」

「今日だって、明日がなんとなく嫌になってフラッと出てきちゃった訳で……」

「そりゃ悪いやつだ」

「だから、俺は真面目では無いですよ」

 ついうっかり否定してしまった。何やってんだろ。


「えっ、なんで必死に否定してんの。真面目でいーじゃん。羨ましいけどね、真面目」

 女の子が、だらけるように、レジの奥の棚に腰をかける。


「私も、もうちょい真面目だったらなーって思うことあるよ」

「働いてるのは、真面目だからじゃないんですか?」

「アッハハ、そうかも。確かに。あるわー。私、真面目だから働いてんだわ。ウケる」


 笑った。やっぱり俳優か何かだろうかと思うくらい可愛い。


「コンビニの夜勤やってるとさ、色んな夜の住人と顔を合わせるのよ。皆面白いよー。死んだ顔してる人も多いけどね。お兄さんはお兄さんで、つまらなそうな死んだ顔してるわ。毎日大変なんだね」

「はは……」

 どう返して良いかわからない。


「夜はどうだった?」

 唐突に聞かれて、言葉に詰まった。


「楽しかった。……うん、楽しかったよ」

「へえ」

「開放感とか、全部が止まった街とか。なんだか楽しかったかな」

「そっか。それは何よりっすわ。またコーヒー買いに来てよ。私も面白かった。深夜でも明るく営業のこのコンビニをよろしく」

「覚えておきます」


 女の子と別れて、温かいコーヒーを手に持ち、俺は帰路に着いた。


 変な子だったな。


 変な子だったけれど、その変な子に言われたことを思い返しながら歩く夜は、また一層不思議な世界で、不思議な充足感を与えてくれた。


「また、気が滅入りそうになったら、夜散歩しても良いのかもなあ」

 そう声に出してつぶやいても、誰も聞いていない。


 静かな夜の住宅街で、俺はコーヒーの蓋を開けた。



ノベプラプロフィール

https://novelup.plus/user/327185148/profile


連載小説:魔女の旅隠居にエリッカとフィルヴァニーナはついて行く

https://novelup.plus/story/533146140

7回の閲覧